弁護士からの
催告書や警告書
が届いたときの対処法


このページは、弁護士事務所から【通知が届いた】り、【訴訟や支払督促をされた】り、【電話がかかってきた】とき等に、消滅時効の援用で対処する場合のことをまとめています。


近年かなりの勢いで増加しているのが、弁護士事務所が債権者の代理人として督促・回収業務を行うケースです。

主な債権者は、消費者金融会社や債権回収会社、保証会社、病院などです。

中でも、消費者金融会社や債権回収会社から業務委託を受けて、あなたに督促をしてくる弁護士事務所は回収業務のプロ中のプロといえます。

金融会社も回収のプロです。

そのプロがお金を払って依頼をしたのが、あなたに督促してきている弁護士事務所なのです。

誰よりも法律に詳しい人たちが、法律を駆使して合法的に取り立ててくるわけですから、一般人はまず太刀打ちできません。

素人がネットで調べた浅知恵で、法律の勉強に数万時間、そして日々法律の世界に身を置いている弁護士に対抗できるはずがないのです。

だからこそ、弁護士事務所から催告書や警告書、そして簡易裁判所から支払督促や訴状が届いた場合、一刻も早くあなたも法律家に相談する必要があります。

しかし、どこの法律事務所でもいいというものではありません。

お腹が痛むときに、同じ医者だからといって歯医者に行く人はいないはずです。

法律家も同じです。

借金の時効を得意とする、その分野に経験豊富な司法書士事務所に相談されることをお勧めします。

消滅時効の援用に確かな実績をもち、口コミでも上位の司法書士事務所を徹底比較しました。参考にしてみてください。

【高評価!】時効に特化した事務所を徹底比較したページはこちら!!



回収業務のプロ事務所


法律事務所 債権者
引田
法律事務所
日本保証
(武富士、ロプロ)
子浩
法律事務所
  • 三菱UFJニコス
  • MUニコスクレジット
  • ジェーシービー(JCB)
高橋裕次郎法律事務所
  • SFコーポレーション(三和ファイナンス)
  • ソフトバンク
  • ワイモバイル(イーアクセス、イーモバイル)
  • トヨタファイナンス
  • アストライ債権回収
  • エムテーケー債権回収
鈴木康之法律事務所 マルベリーワン
舘野法律事務所 医療施設、病院など
(医療費等)

【高評価!】時効に特化した事務所を徹底比較したページはこちら!!








PageTop